専属専任媒介契約について

気合十分の男女のイラスト専任媒介契約よりも、より規制が強くなったのが専属専任媒介契約です。
この専属専任媒介契約がどのようなものなのかというと、不動産を売却する時に不動産仲介業者との契約をする中でも拘束力の最も強い媒介契約となっております。
不動産を所有している人が不動産仲介業者などと契約する時に、一般媒介契約のように他の不動産仲介業者に重複して売却依頼をすることができないタイプの契約形式となっております。

また、専任媒介契約では認められていた不動産の所有者が、自分で不動産の購入希望者を探して契約する事が認められておりません。
専属専任媒介契約は、媒介契約をした不動産仲介業者が紹介する相手以外の人とは取引をする事ができない独占的な契約となっており、依頼した不動産仲介業者に全面的に任せるタイプの契約となっております。

その名の通り「専属」なので、依頼した1社のみとの契約になります。契約した不動産業者にとっては、他の業者に物件を横取りされず媒介報酬が保証され、売主が自分で買いたいと希望する人を見つけてきてもまず不動産業者と契約する必要があるので、最もお願いしたい契約の種類です。

契約した不動産仲介業者は、買ってくれる人さえ見つかれば誰にも邪魔されずに100パーセントの確率で仲介手数料を得る事ができますので、一般媒介契約や専任媒介契約の物件よりも力を入れてチャレンジする事になりますので、短時間での売却も可能です。
しかし、不動産仲介業者に全てを一任してしまうため、業者の良し悪しが大きく影響してくるという事になりますので、依頼する前段階で本当に任せる事ができるのかをしっかりと確認しておく必要がでてきます。

専任媒介契約とは

相談をするスーツの青年と年配の男性のイラスト一般媒介契約よりも多く利用されているのが専任媒介契約です。
この専任媒介契約とはどのような契約なのかと言うと、依頼者である不動産の所有者が他の不動産仲介業者に重複して依頼する事ができないタイプの媒介契約になっております。
ただ、特例として、複数の不動産仲介業者に依頼する事が出来ない代わりに、不動産の所有者が自力で購入希望者を見つけ出した場合には、その方と取引することは可能になっております。

 

不動産の仲介業者にしてみれば、不動産を売却する際に仲介を依頼してくる方の大半が、自分では買ってくれる方を見つける事ができない方ばかりですので、一般媒介契約と違って、しっかりと仲介手数料を得る可能性が高くなっております。
その為、広告費であったり、営業などのコストがかかっても、最終的には仲介手数料を受け取る可能性が高いので利益は見込めますので、積極的に行動してくれる事になります。

 

また、専任媒介契約のルールとして、専任媒介契約を結んだ不動産仲介業者は、指定された流通機構への物件登録を契約締結日から7日以内に行った上で、登録済み証を依頼者に渡さなければいけなかったり、業務処理の状況の報告を2週間に1回以上行う必要があるなど一般媒介契約には無かったルールが決められており、本気で購入者を探してくれるようになっております。

一般媒介について

困ってため息をつく女性のイラスト不動産仲介業者に不動産の売却を依頼するような場合に、最も一般的な契約形態が一般媒介になります。
この一般媒介がどのような物なのかというと、自分が所有している不動産を売却する際に、依頼する不動産仲介業者を複数契約する事ができる媒介の種類になります。

 

気になった不動産仲介業者と契約して、複数の不動産会社が同時に依頼することができますので、色々な方に自分の物件をアピールする事ができます。
また、不動産仲介業者は、マンションタイプを得意にしている会社もあれば、アパートを得意としている会社、一軒家を得意としている会社、分譲住宅を得意としている会社など様々ですので、色々な会社に依頼する事ができるのは、かなりメリットが大きいと言えます。
不動産仲介業者は、自分の会社で売却する事ができなければ仲介手数料が入ってきませんので、なかなか広告や販売コストを上げてもらえないといったデメリットもあります

 

また、複数の不動産仲介業者に依頼する場合でも、依頼する内容は均一になっております。
例えば、不動産の売却金額を値下げするような場合には、依頼している不動産仲介業者全て一律で下げて同じ値段にしなければいけません。
また、一般媒介では、レインズの登録は任意となっているといったデメリットもあるので注意しなければいけません。


関連リンク

家を売る時の契約内容

家のイラスト家を売るというのは、人生の一大イベントである事は間違いありません。
大半の方は、家を売る経験をしないまま過ごしていますので、家を売る経験をした事がないという方が大半だと思います。
また、家を売る際にはとても大きなお金がかかってきます。
人生を左右するほどの金額がかかってきますのでとても慎重に行う必要があります。
また、税金関係であったり、手続きなどは、一般的な方では手に余る部分が多く、素人が行うとトラブルの原因になってしまいます。

 

その為、不動産の売却に関しては、不動産仲介業者に依頼して売却するのが通例となっております。
宅建業法第34条の2には、「不動産会社は依頼者と媒介あるいは代理契約が成立した場合、媒介契約書の交付を義務付けている。」と書かれている事もあり、安心して不動産の売却を依頼する事ができます。

 

不動産の売却を不動産仲介業者に依頼するのは、手続きが難しかったりする部分を代わりに行ってもらう以外にも目的があります。
それが、購入希望者を探してもらう事です。
所有している不動産を売却したかったとしても、買いとってくれる方が見つからなかったら売却する事が出来ません。
その為、不動産仲介業者と契約する事によって、自分で買ってくれる方を探さなくても全て仲介業者に一任する事ができるのです。

不動産仲介業者との契約は、大きく分けてあり、それぞれの内容が異なっておりますので、細部をチェックして契約する事が重要になります。そこでこちらのページでは、不動産仲介業者と結ぶ契約の形態についての情報をご紹介します。