専属専任媒介契約について

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

気合十分の男女のイラスト専任媒介契約よりも、より規制が強くなったのが専属専任媒介契約です。
この専属専任媒介契約がどのようなものなのかというと、不動産を売却する時に不動産仲介業者との契約をする中でも拘束力の最も強い媒介契約となっております。
不動産を所有している人が不動産仲介業者などと契約する時に、一般媒介契約のように他の不動産仲介業者に重複して売却依頼をすることができないタイプの契約形式となっております。

また、専任媒介契約では認められていた不動産の所有者が、自分で不動産の購入希望者を探して契約する事が認められておりません。
専属専任媒介契約は、媒介契約をした不動産仲介業者が紹介する相手以外の人とは取引をする事ができない独占的な契約となっており、依頼した不動産仲介業者に全面的に任せるタイプの契約となっております。

その名の通り「専属」なので、依頼した1社のみとの契約になります。契約した不動産業者にとっては、他の業者に物件を横取りされず媒介報酬が保証され、売主が自分で買いたいと希望する人を見つけてきてもまず不動産業者と契約する必要があるので、最もお願いしたい契約の種類です。

契約した不動産仲介業者は、買ってくれる人さえ見つかれば誰にも邪魔されずに100パーセントの確率で仲介手数料を得る事ができますので、一般媒介契約や専任媒介契約の物件よりも力を入れてチャレンジする事になりますので、短時間での売却も可能です。
しかし、不動産仲介業者に全てを一任してしまうため、業者の良し悪しが大きく影響してくるという事になりますので、依頼する前段階で本当に任せる事ができるのかをしっかりと確認しておく必要がでてきます。