家を売る時の契約内容

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

家のイラスト家を売るというのは、人生の一大イベントである事は間違いありません。
大半の方は、家を売る経験をしないまま過ごしていますので、家を売る経験をした事がないという方が大半だと思います。
また、家を売る際にはとても大きなお金がかかってきます。
人生を左右するほどの金額がかかってきますのでとても慎重に行う必要があります。
また、税金関係であったり、手続きなどは、一般的な方では手に余る部分が多く、素人が行うとトラブルの原因になってしまいます。

 

その為、不動産の売却に関しては、不動産仲介業者に依頼して売却するのが通例となっております。
宅建業法第34条の2には、「不動産会社は依頼者と媒介あるいは代理契約が成立した場合、媒介契約書の交付を義務付けている。」と書かれている事もあり、安心して不動産の売却を依頼する事ができます。

 

不動産の売却を不動産仲介業者に依頼するのは、手続きが難しかったりする部分を代わりに行ってもらう以外にも目的があります。
それが、購入希望者を探してもらう事です。
所有している不動産を売却したかったとしても、買いとってくれる方が見つからなかったら売却する事が出来ません。
その為、不動産仲介業者と契約する事によって、自分で買ってくれる方を探さなくても全て仲介業者に一任する事ができるのです。

不動産仲介業者との契約は、大きく分けてあり、それぞれの内容が異なっておりますので、細部をチェックして契約する事が重要になります。そこでこちらのページでは、不動産仲介業者と結ぶ契約の形態についての情報をご紹介します。