専任媒介契約とは

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

相談をするスーツの青年と年配の男性のイラスト一般媒介契約よりも多く利用されているのが専任媒介契約です。
この専任媒介契約とはどのような契約なのかと言うと、依頼者である不動産の所有者が他の不動産仲介業者に重複して依頼する事ができないタイプの媒介契約になっております。
ただ、特例として、複数の不動産仲介業者に依頼する事が出来ない代わりに、不動産の所有者が自力で購入希望者を見つけ出した場合には、その方と取引することは可能になっております。

 

不動産の仲介業者にしてみれば、不動産を売却する際に仲介を依頼してくる方の大半が、自分では買ってくれる方を見つける事ができない方ばかりですので、一般媒介契約と違って、しっかりと仲介手数料を得る可能性が高くなっております。
その為、広告費であったり、営業などのコストがかかっても、最終的には仲介手数料を受け取る可能性が高いので利益は見込めますので、積極的に行動してくれる事になります。

 

また、専任媒介契約のルールとして、専任媒介契約を結んだ不動産仲介業者は、指定された流通機構への物件登録を契約締結日から7日以内に行った上で、登録済み証を依頼者に渡さなければいけなかったり、業務処理の状況の報告を2週間に1回以上行う必要があるなど一般媒介契約には無かったルールが決められており、本気で購入者を探してくれるようになっております。