一般媒介について

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

困ってため息をつく女性のイラスト不動産仲介業者に不動産の売却を依頼するような場合に、最も一般的な契約形態が一般媒介になります。
この一般媒介がどのような物なのかというと、自分が所有している不動産を売却する際に、依頼する不動産仲介業者を複数契約する事ができる媒介の種類になります。

 

気になった不動産仲介業者と契約して、複数の不動産会社が同時に依頼することができますので、色々な方に自分の物件をアピールする事ができます。
また、不動産仲介業者は、マンションタイプを得意にしている会社もあれば、アパートを得意としている会社、一軒家を得意としている会社、分譲住宅を得意としている会社など様々ですので、色々な会社に依頼する事ができるのは、かなりメリットが大きいと言えます。
不動産仲介業者は、自分の会社で売却する事ができなければ仲介手数料が入ってきませんので、なかなか広告や販売コストを上げてもらえないといったデメリットもあります

 

また、複数の不動産仲介業者に依頼する場合でも、依頼する内容は均一になっております。
例えば、不動産の売却金額を値下げするような場合には、依頼している不動産仲介業者全て一律で下げて同じ値段にしなければいけません。
また、一般媒介では、レインズの登録は任意となっているといったデメリットもあるので注意しなければいけません。


関連リンク